アラフィフ女子の山あり谷あり優待割安株投資日記

株初心者だって優待割安株投資で頑張ります!不動産も為替も外国株も、山あり谷ありアラフィフ女子の欲張りな日々をつづります。

理由がすでに判明している悪い決算と株主優待の新設に心が揺れる

   

ふぅ~、残りは確定申告とバレンタインデーだわ。

本業の方のバタバタが先週やっと一段落しました。
いろいろとありますけど、まあ幹部への説明が終わりましたので、とりあえず今月はバタバタしなくても大丈夫だと思います。

不動産投資の方も、戸建の登記変更処理完了の書類も到着し、賃借人さんへの所有者および家賃振込先の変更通知書の送付もしたのでやるべきことは完了、あとは来月初旬に決裁するアパートの融資に関連する契約を銀行さんと締結して決裁日を待つばかりといった感じになっています。

アパートの方の融資なんですが、どうやら潮目が変わってきたようで今まで満額融資が普通だったところが9割ぐらいの融資額となり、さらに融資期間も伸びなくなってきました。

この潮目の変化を鑑みると、築古の木造アパートは、また融資を獲得できる人が限られてくる状況になってくるので、きっと物件価格は2~3年前のレベルまで落ち込んでくると思います。(結局、買える人が少なくなってくると思いますので。)

やたらとレオパレスとか大東建託とかが、地主さんやら、ちょっと小金のある安保世代のおじいちゃん&おばあちゃんに「相続対策です!しかも家賃保証です!!」とかって詐欺まがいなトークでいろんな場所に新築を建てさせてますから、いずれ大きな歪みが出てくるんだと思います。

そんな金融機関の融資姿勢の変更もあって、私の方も予定していた金額以上に現金を決裁日までに準備しておく必要が出てきました。
戸建を購入した時にも現金を使いましたので、またまた保有株を整理することで現金を作ることになりました。

不動産の売却益で購入したリートを現金化して次の不動産購入の資金へ

現金化のために売却したのは、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人です。

これは、もともと目黒区のワンルームを売却した際の利益で購入したモノですので、配当利回りは相当高いのですが、不動産を購入する際の資金源としてこのリートを使うのが理にかなっていると考えました。
もちろん、全数を売却したわけではありませんが、半分ほど利益確定させて頂き、来月の木造アパート決裁用資金と致しました。

去年の5月のPOで94,672円で購入したものを10万円ちょっとで売却できましたから損はしていませんけど、ちょっと資金効率は良いとはいえないですよね。
九州リースサービスの立会外分売も控えていることですし、もしかしたらインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人は残りのモノも売却してしまうかもしれませんけど、約7%の配当があるのでちょっと考えちゃいます。

先週末はいろいろと保有銘柄のニュースがありました

そうそう、先週の金曜日は、私の主力銘柄でいろいろと動きがありました。

ランドコンピュータは「株主優待を導入」と「またまた厳しい決算短信」をセットでリリースし、システムリサーチは記念増配含む割増配当のリリースを、綿半ホールディングスは「まあまあ無難な月次」状況を、そしてトリドールも「そこそこな決算短信」を。

株価の下落が著しいとはいえ、この中で一番注目したのはランドコンピュータの株主優待の導入リリースでした。

もともと、決算短信における対前年比の伸びが悪い(マイナス)のは、大口顧客である都市銀行がマイナス金利を踏まえて、予定していたシステム開発を後ろ倒しにした影響ということは分かっております。

ですから、別に今更、「今回の決算短信内容が悪いとか、どうとか」っていうのはあまんり関係なく、いずれ後ろ倒しにされたお仕事が来るのは分かっているわけです。

そして、そんな今年度の状況でありながらも、株主優待を導入する余裕は十分にある、ということでして、さらに言えば、多くの方がおっしゃっているように「東証1部への市場変更を見据えたモノ」であると私も考えてました。

買いたいモノがいろいろと

ですから、「今日、株主優待よりも悪い数字が列挙されていた決算短信のせいで株価が下落していたら買いチャンスだわ!」と思って意気込んでいたんですけど、株価は下落することなく高値で安定している状態でした。

ランドコンピュータはすでに投資元本以上の利益を回収した銘柄ですから今の保有分は完全ホールド(完全放置ともいいます)確定分なんですが、株価が何かのタイミングで下落するようなら買い増しも検討していきたいと思っています。

システムリサーチはまだまだ伸びそうです。

株価指標的には、ランドコンピュータよりもシステムリサーチの方が手掛けやすいような気もしますし、最終的な決算の数値は多分さらに良くなる(期の途中で上方修正したところは、最終的にさらに上方修正するってよく聞きます)と思うので、システムリサーチを買い増しするのもいいのかもしれません。

ちょっと良い材料がありすぎた感もするので、ここは冷静になりつつも、新しい銘柄を発掘するか、今回の材料を得た主力を買い増すべきなのか、他の主力(エスティック、コラボス、ブルボン、九州リースサービスなど)をさらに買い増すちょっと悩んでいきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村

株主優待 ブログランキングへ


 

 - 日本株, システムリサーチ, ランドコンピュータ, インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人, 九州リースサービス , , , , ,