アラフィフ女子の山あり谷あり優待割安株投資日記

株初心者だって優待割安株投資で頑張ります!不動産も為替も外国株も、山あり谷ありアラフィフ女子の欲張りな日々をつづります。

決算跨いで約10%ダウンw

   

さてさて、先週から今週は決算発表が目白押しです。

先週の金曜日、5月11日は私の主力銘柄であります、芝浦電子の決算発表がありました。

芝浦電子は前回の業績予想修正の時に「こんな妙にスッキリした数字になんてなるわけないから、この数字は絶対超える数字だと思ってるわ。」って大きなことを、私、言ってました

さあ、楽しみにしてた決算発表の内容がこちらです。

売上高25,289百万円、営業利益3,045百万円、経常利益3,071百万円という結果です。

それで私が前回の第3四半期決算の時の業績予想修正の時に書いた中身が、、

私的な見方なんですけど、修正した予想値って「売上高25,000」、「営業利益3,000」、「経常利益3,000」という風になってますから、コレ、「まあ、ここまでは間違いなく到達するザックリな数字で出しておいた」ってことだと思うんです。
(だって、私も会社で事業計画の達成が見えてきたら、ざっくりとした確実な数字で「このくらいはいきそうですね」って上司に出しますから。)

なので、最終的にはきっと今回発表の修正予想値よりも上に行くと確信しています。

売上高が2億9千万ほどのブレで、営業利益も営業利益も数千万クラスのブレで終わってました。。

芝浦電子の事業計画担当って凄い精度で着地を見れているのか、工場の生産能力と既存取引実績からブレのない数字を計れるのか、あるいはこの業績予想修正とあまりブレがないように費用をコントロール(前倒しで固定資産の除却したとか、社員のPC端末を高額備品として購入したとか)したか、なんですかね。

いずれにしても、その予想と実績の高い精度のおかげで、ある意味期待外れ(コンセンサスに届かず)になり、さらに来期の通期業績予想の経常利益が3,170百万円という、約1億円弱だけの上昇(対前年度比3.2%)という数字から、先週の終値5,520円から約10%ダウンの5,000円で今日の株価は終了しました。

場中で5,000円割れもしていたので、実は私、4,970円、4,965円、4,960円、4,955円で買い注文入れていたんです。(結局、どの指値も刺さりませんでしたけど。。)

芝浦電子の決算内容は、多くの方がもっと凄い数字を出してくると思っていたところに、ほとんどブレない数字が出てきたもんですから、今日は大きく調整しましたけど、これって全然悪い内容じゃないと思うんですよね。

今期の結果は増収増益で経常利益は対前年度比プラス24.7%ですし、来期の予想も経常利益ベースで1億円だけの上昇予想ですけど増収増益には間違いなくて、きっと期中のどこかで業績予想の上方修正をしてくると思うんです。

同じようにしっかりと増収増益の結果も出したけれど、来期の通期予想を数%アップ程度の堅い数字を出したエスティックも決算発表後にズルズルと株価は調整しましたけど、今日はしっかりと年初来高値を記録しています。(はい、チャート的には青天井チャートに突入です。)

このシチュエーション、芝浦電子も同じなんじゃないかと思っているんですが、どうでしょうか?(ちょっと信用買い残が多い気はするんですが。。)

値幅取りのために信用取引で買ってある建玉は4,980円で購入していますから、先週末の決算前に返済していればそれなりの利益にはなってくれていたのは間違いないんですが、今回の芝浦電子の決算内容は全然悪くないモノだと思っていますので、早々に5,500円を突破してくると確信してシッカリと握っていようと思っています。

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村

株主優待 ブログランキングへ


 

 - 日本株, 芝浦電子 ,